LINEで送る
Pocket

今回のインタビューでは、「女性が年齢とともに美と幸せを増やす」をテーマにブログや書籍執筆で活躍される大野梨咲さまに、メルマガやブログの書き方を通じた自身の魅力の見つけ方、について伺います。

本日はよろしくお願いします。

よろしくお願いします。

 

過去にまぐまぐメールマガジン大賞を二度も受賞された、とお聞きしました。内容を拝見しましたが、大野さんはとても丁寧に執筆されていますよね。

ありがとうございます。お恥ずかしいんですが、私、だいたい1通のメルマガを送るのに、10回は書き直しています。

 

10回もですか!?

下書きをして、読み返して、再構成して、読み返して、清書して、というのを繰り返して、テスト送信をしたのを確認してまた直し…というのをやっているので、いつの間にかそれくらいの回数になってしまって。

 

「10回は書き直さなきゃ!」と意識されながらやっているのではなく、自然に、気づいたら、という感じですね

タイトルにせよ、改行にせよ、読みやすいように読んでいただけるように、あれこれ考えながら書いていますと10回ほど修正をかけることになってしまうというのが正しいニュアンスでしょうか。

今、いろんなデバイスで見ていただいていると思うので、私が考えた改行のセンスが、読者様のデバイスにあっているかというのは、甚だ疑問ではあるんですけれども。

改行に関しては、改行したら単語が一番左に来ますでしょう?
その言葉が、一番伝えたい言葉であったり、重要な言葉であったり、っていうのはこだわって書いていますね。

何も考えずに途中で言葉を切っちゃう文章を見るとどきっとするんですよね。
美しくないし、読みづらいのでは?と思って。そこは私のこだわりなんです。
内容は大したことないんですけど(笑)

 

個人事業主としての活動をはじめて

 

本日はそういったこだわりや姿勢について、掘り下げていきたいと思います。その前にまず、現在のお仕事について詳しく伺えますか

世間一般の「仕事」と言えるようなことはしてないんですけども、著者とブロガーと、セミナーを自分でやったりしているっていう、そういう形になると思います。

 

セミナーは月何回くらいですか?

セミナーは月2-3回ですね。会社員だった頃にかなりハードなノルマの中で働いていたので、今は自由な形でやらせていただいています。

 

ほかにもメールでも顧客にアプローチされていますよね。

セミナーと個人セッションを持っていまして。
セッションの中にも、対面セッションとメールセッションの2つをしています。

対面セッションの場合、skypeも電話も選んでいただけるのですが、私のお客様は一般の方なので、skypeだと「顔がでちゃうんじゃないか」と不安に思われる方も多く、だいたいは直接お会いするか電話ですね。

 

時間的には、会社員時代と比べてどれくらい変わりましたか?

昔は、6時15分に目覚ましで起きていたのですが、今は陽の光で好きな時に起きています。
昔と違うのはほんとうに、朝の目覚ましで起きた時のあの嫌な気分がない、ってことですね。

朝は7時半くらいに会社に行っておりましたし、残業も22時くらいまでありました。

 

それはかなり厳しい会社ですね

そんな人生だったので、本当に会社に長くいたんですね。心身ともに疲れていましたよ(笑)。
今は全く治りまして、いろんな好きなことをできるようになりましたので、時間の自由はね、すごくいただけたなと思っております。

 

会社を辞める時、かなり思い切りが必要だと思うんですけれども、辞めることへの不安はどういう風に乗り越えていらっしゃたんでしょう?

それね、よく聞かれるんですけれども。

私は会社員でお勤めしながら、週末だけブロガーとして活動していたんですね。
それを1年半くらい続けたときに、月間60万pvにいきまして。

2014年の春に、出版社さんからお声がけをいただきました。

出版が決まって「今が辞めるタイミングかもしれない」って思えたことが一番大きいことでしょうか。

17年勤めて、ある程度の役職にいたので、責任があり、辞めたら迷惑がかかるという気持ちもありましたから、出版が本当に契機でした。

もう一つは、本当に疲れていたので、これ以上仕事していたら絶対に寿命が縮まるといつも不安でしたので。

「発光体」となるテーマでブログを躍進させた

 

発端となったブログを始めたきっかけを知りたいです。

えっとね、いま私はアメブロで「美女のたたずまい~なぜ彼女は美女と呼ばれるの?~」っていうブログを持っているんですけど、このブログって3つ目なんですね。
https://ameblo.jp/bijonotatazumai/

 

そうなんですか!じゃあそれまでに試行錯誤があったんですね。

前の2つは、「ブログっていいらしい」という流れにのって始めたものでした。
何がいいのかもわかってなくて、なんとなく始めてなんとなく消えていった訳なんですけど。

大事だったのは「自分は誰なんだろう?」「何が人と比べて喜んでいただけるところなんだろう?」っていうのを考えに考えたこと。

ここにすごく時間がかかっているんです。それで「私のここなら喜ばれるかも」というのがあって、現在のブログにたどり着いています。

このワン&オンリーの魅力を私は<発光体>と呼んでいます。
 

重要なのは、みなさん本人が「これだったらいける」「ワン&オンリーだ」というテーマを探すこと

そうですね。そこを探すまでに、わたし5年くらいかかっていますので。
この世界観、ワン&オンリーの魅力を<発光体>とネーミングしているのは、お顔を知らない遠くの方にまで届く魅力だから。灯台みたいなイメージですね。

 

水面下の部分、期間が長いんですね。

自分のどこが人と差別化できるのかっていうと、ビジネスっぽく聞こえますが、「自分がナチュラルにできる、ナチュラルに続けていけることってなんだろう?」という問いをずっと抱えていました。

 

メルマガはいつ始められたんですか?

ブログが60万pvになってから、しばらくしてからです。
ブログで手応えが得られたので、メルマガも、という感じです。

有名な美女たちのウォッチを通じて、私が女性の皆さんに本当にお伝えしたいものは「年を重ねても美と幸せを増やすための知恵」だったのですが、ブログだと、どうしてもゴシップ寄りになってしまうのですね。

メルマガの方がふさわしい話題や内容ってありますでしょう?
ブログに来ていただいている方に、「楽しいブログですね!」から、一歩進んで
「確実に人生を変える知恵」もお送りできたらと思ってのスタートです。

「メ、メ、メルマガなんて」と恐縮しながら、いろんな方の本を読みつつ、やらせていただきました。
そのころは、いつか会社を辞めて一人で仕事したいっていう気持ちもありましたし。

 

メルマガは「先生」しかやっちゃいけないと思っていた

はじめた当初はいかがでしたか?

そうですね、私が一番不安だった、障壁に感じていたのは、「メルマガを書く人に自分がなる」っていう状況が、まるで「小学生の子に、中学生の先生をやってください」って言われるような、そういうニュアンスで。

やっぱりセルフイメージはついていかなくて、それはやっちゃいけないことなんだと思っていて。

メルマガを書いていらっしゃる人っていうのが、すごい方に思えていたんですね、やる前は。
メルマガを始める前の、一番大変だったのは、その気持ちを克服することだったと思います。

 

いわゆるメンタルブロックですね。

やってみたら、全然そんなことなくて、「誰でもできるんだ」というのがよくわかるものでしょ?
私の場合、長い時間かけて見つけた<発光体>で、自分のペースで仕事したいという気持ちが強くて、それも後押ししてくれたと思います。

 

「いつの日か起業しよう」みたいなことになってしまいますもんね。

私の場合は「どこかでこの会社を辞めないと、体が続かないんだから。転職しても同じような生活なんだから」と、不安があったのと、「自分一人でやれる仕事をするとなると、自分自身のメディアをもってなくちゃいけない」っていう風に思っていたのだと思います。

ブログも同じでしたけど、その前に日記的な個人ブログを目的なく始めて、2回も失敗しておりますので、それがよかったんじゃないでしょうか(笑)

 

メルマガは、より親身でより丁寧なコミュニケーション

 

ブログとメルマガとを組み合わせて活用する方法、目的や実践例について、教えてください。

メルマガを書く時に気をつけていることは、まず、きちんと媒体と内容を分けることですね、

ブログとメルマガで、同じ内容を配信している方もいらっしゃいますよね。全部一緒の原稿っていう方。

私の場合は、ブログはブログ。メルマガはメルマガに分けております。

ブログの方は「こんなニュースがあって、こんなことがあってこういう風に思いました」っていう、軽やかな気持ちでその時々のことを書くんです。一方で、メルマガを読んでくださる方には、自分を変えていけるような普遍的なコンテンツ、濃くて価値の高いものをそろえています。

メルマガは特に、「いつ本になっても大丈夫なように」という意識ですね。
書き始めた当初から、いつ本の一章になっても大丈夫なように書いています。
メルマガはブログと比べてさらに大きな資産ですから。

 

「ちょっと今日は時間がないからメルマガとブログのコンテンツ共有しようかしら」なんていうことは?

全くないわけじゃありません。

たとえば、メルマガのコンテンツで、これはブログでも紹介して「こういうメルマガを書いていますよ」というご紹介に使うこともありますし。

結局、ブログとメルマガを書いていても、両方とも見てくださる方って本当に少しなんですよね。だから、テーマ的に重複することはあります。

ただ、それでも、ブログとメルマガは基本的に別物で、メルマガのお客様をよりパーソナルな方々だと思って、親身に、丁寧に、と意識してやっています。

 

「セミナーがあります」という案内や告知とかは、ブログにはあまり載せない?

ブログの場合、サービスによって規約上告知や商用利用がグレーだったりしますでしょう?ですから、自分のセミナーとか個人セッションの内容っていうのを、ブログ上で紹介するのは怖い気がしています。
ある日突然、ブログを消されたりしたら、本当に困ります。

ですので、セミナーの告知等は基本メルマガです。パーソナルな関係を積み上げた上でのお知らせとしています。

ブログで書けないことを書く、これがメルマガの役割ですね。親しくて仲良くしてくださっているお相手だから、気軽に誘って気軽に来ていただける。

と同時に、親しくて大事な相手だからこそ、丁寧に10回でも20回でも書き直すんです。
ブログはそのためのご試食みたいな位置づけになっているかも。

検索などで私を見つけてくださった方にとにかく興味を持っていただいて、ちょっとこのブログ書いている方に興味あるわ、と思っていただいて、そして登録していただけるように、考えています。

もちろんブログだけでも十分楽しめるようにはしてありますし、ブログだけを楽しんでいらっしゃる方もいらっしゃいますので。そこは読者様のご自由だと思いますけれども。

メルマガの場合はきちんとリストになるから、第三の、環境的な要因で勝手につぶれたりしませんし。

「人様のプラットフォームに乗っかって得られた顧客情報は、自分の財産ではない」と誰かがおっしゃっていたのですが、それを肝に銘じています。