LINEで送る
Pocket

メルマガに登録してもらう導線設計はオンラインが基本です。ファネルを意識して、いかにメルマガにつなげるかを考えましょう。

オンラインの広告を活用する

読者の獲得は無料でできることもありますが、お金をかけてスピーディに多くの読者を集めることもできます。「時間=お金」であり、ビジネスで早く成果を出すためにもオンライン広告の活用は有効です。
広告からあなたのホームページにアクセスを集め、読者を獲得しましょう。
より多くの読者を獲得するために、無料の特典(レポート、サンプル、プレゼント)を前面に打ち出すと良いでしょう。
ここでは代表的なオンライン広告をご紹介しますが、他にも色々な広告媒体がありますので調べてみてください。

 

代表的なオンライン広告

※サービスの内容や出稿の条件は常に変化しますので、最新情報をお調べの上でご利用ください。

PPC広告

PPCとはPay Per Clickの略で、クリックされるごとに課金されるタイプの広告です。
Google AdWordsやYahoo!プロモーション広告などがこのタイプで、特定のキーワードの検索結果や関連のあるサイトやページに広告が表示されます。
広告をクリックすると指定のページにリンクされます。ただし、ジャンルや内容によって広告を出せない場合もあります。

 

SNS広告(Facebook、Twitter)

FacebookやTwitterのタイムラインに広告を表示させることができます。
地域、年齢、興味・関心などの条件により広告を表示するターゲット層を決められます。
SNS広告は刻々と進化しているので、最新情報をチェックしてください。
Facebook広告:https://www.facebook.com/business/products/ads
Twitter広告:https://biz.twitter.com/ja/products/promoted-tweets
 

アフィリエイト

成果(購入や申込み)が発生した場合にのみ費用を支払う、成果報酬型の広告です。
広告主は、見込み客の属性に近いリストを持っている方にお願いして紹介してもらい、1件登録があるごとに設定した報酬を支払います。
一般的にアフィリエイトを行うには専用のシステムを使うか、ASP(Affiliate Service Provider)に広告主として登録する必要があります。紹介者ごとに登録ページを作成して成果を計測し、月極めで紹介料を支払うようにします。
また、ASPは成果報酬の他に月額で利用料が必要になります。

 
〈代表的なASP〉

  • A8.net
  • バリューコマース
  • Janet

 

メルマガを使った広告活用

見込み客が購読していそうなメルマガに広告を出します(競合するメルマガは除く)。数行の文章とURLを掲載するのが一般的です。
記事広告の場合は、メルマガ内でしっかりと紹介してもらえます。
広告掲載の可否や掲載方法はメルマガによって異なりますので、良さそうなメルマガがあれば発行者に問い合わせてみましょう。

 

メルマガ広告の種類

  • ヘッダー、フッター広告:メルマガのヘッダー(冒頭)やフッター(文末)に数行の広告文とURLを掲載
  • 記事中広告:メルマガの記事中に数行の広告文とURLを掲載
  • 号外広告:通常のメルマガとは別に「号外」として紹介記事を配信

 

「まぐまぐ」で広告を出すメルマガを探す方法

カテゴリから「殿堂入りメルマガ」を見てみましょう。ここに掲載されているのは、発行2年以上、最新号発行部数3000部以上の無料メルマガ、優良認定された有料メルマガです。

良さそうなメルマガがあれば、まずは最新発行日とバックナンバー(実際に配信されたメルマガの内容)をチェックします。
最新発行日とバックナンバーを見れば発行者の力の入れ具合がわかります。
数ヶ月も配信されていないメルマガや、内容が商材の紹介(アフィリエイト)ばかりのメルマガは、広告の効果が期待できないので発行部数が多くても避けましょう。

条件がクリアできたら読者登録をして、そのメルマガを読んでみましょう。

 

広告出稿について

読んでみて良いメルマガだと分かったら、発行者にコンタクトを取って広告出稿について聞いてみてください。
(メルマガによっては広告を受け付けていない場合もあります)

その際、最低限のマナーとしてあなたが何者であり、どんなビジネスをしているのか、なぜこのメルマガに広告を出したいのか、メルマガの感想なども一緒に書きましょう。

メルマガ広告料の一般的な相場として、読者1人あたり1円〜2円。読者の属性によっても変わります。

広告といっても、他人のメルマガはその人にとってのパーソナルな空間なので、力を貸してもらう姿勢でパートナーを探すことが大事です。

 

メルマガの相互紹介について

メルマガを相互紹介してお互いのメルマガ読者を増やす方法もあります。
利害関係がなく、読者層がお互いにマッチしていれば効果的な方法です。

相互紹介を行う際は「現在のメルマガ読者数のバランス」が重要になります。

例えば、これからメルマガを始める場合(読者数0人)、読者数1000人のメルマガ発行者に相互紹介を依頼しても相手にメリットはありませんから、受けていただけないでしょう。

ある程度の読者数になったら、同じぐらいの読者数のメルマガ発行者と相互紹介をするようにしましょう。

 

オンライン広告で成果を上げるために

オンライン広告の良さは、不特定多数ではなく「特定多数」の方に絞り込んで広告を見ていただけることです。

無駄なコストを減らして広告の費用対効果を高めることができます。

成果を上げるためには、見込み客が良く利用する媒体に広告を出すことです。その媒体が何なのかを知るためには、どうすればいいのでしょうか? それは「見込み客に聞く」ことです。

どんなサイトやメルマガを良く見るか? よく使うSNSは何か? などが明確になれば、広告を出す場所を絞り込めて成果が上がりやすくなります。

POINT

  1. 読者獲得の最も分かりやすいアプローチはオンライン広告
  2. 不特定多数ではなく特定多数を狙う