LINEで送る
Pocket

今回は、メルマガ・ステップメールASPの「オートビズ」を運営されているビズクリエイトの経営者、渡辺哲也氏にインタビューを行いました。インタビューは全5回でお送りいたします。

第1回の記事はこちらから、
第2回の記事はこちらから、
第3回の記事はこちらから、
第4回の記事はこちらから、
お読みいただけます。

「人をどう育てていくか、何を伝えていくか」エステ事業は心の修行でした。

第4回では、「ただ、する」という考え方を伺いました。渡辺さんがいま、一番無心に取り組んでいることは何ですか?

オートビズは社員のみんなにたくさんの部分を任せられるようになってきているので、他の個人的に取り組んでいることをお話ししますね。実は、いまエステの会社の経営をしていて(笑)

セルライト除去専門サロンをやっています。元々僕がオーナーで、別に社長を立てていたのですが、今では僕が引き継いで、社長になっています。

 

それはびっくりしました!やっぱり事業のスタートというのは大変でしたか?

最初はもうぼろぼろでしたよ。

20代前半くらいの女の子、未経験の子を採用しているんですね。こう言っちゃなんですけど、スタッフとして行き届いていなかった。

フリーターとか元キャバ嬢だった子達が美容に興味があって、美容の仕事がしたいんです、みたいな感じで入ってくる。

そういう子たちを教育していくんですけど、ビズクリエイトとはまったく人種がちがうんで、同じようにマネジメントしても通用しないんですよ。

そもそも会話が成立しないし、ビズクリエイトでは起きないような、想定し得ない問題が起こる(笑)

若い女の子の中で起こるトラブルも、仕事に対してのトラブルも、お客様に対してのトラブルも、いっぱい起きちゃう。

 

だから、人とどう接して、人をどうやって育てていくか、っていうのを学ぶ修行の場ですよね。

まさに、心の在り方の実践の場というか。「リーダーとしてどうありたいか」というのを、ほんとに修行させてもらえてます。

 

最初は赤字垂れ流しみたいな感じでやっていたので、マネジメントを色々変えていったんですよ。

駆け出しのフランチャイズなんですけど、今は全国70店舗くらいに急拡大してる。その中でランキングが出るんです。

店舗ごとの売り上げが発表されるから、自分のお店が全店舗の中でどれくらいかが分かります。

その順位が低いと、やっぱり悔しいじゃないですか。

店長も結構頑張ってくれてて。店長と僕とで「どうしたらランキングを上げられるかなあ」と頭を捻って、なんとか成長させてきました。この間は本契約っていう部門で全国1位だったんです。他の部門でも3位とか10位くらいで健闘してます。

 

相手の可能性を信じれば何かが変わる

実際にはどんなことをされたんですか?

ほんと色々やってるんですけど、「日本一になる」と言い続けているのが大きいと思います。

分かり易いメッセージじゃないと理解できないじゃないですか。売り上げの日本一っていうよりも、日本一のお店をつくりたい。

こういうと、みんな「はあ?」「何言ってんの、このおっさん」「ちょっと言ってる意味わかりません」ってリアクションが返ってきます(笑)。

 

「まだ、わかんなくていい」って言いながら、何度も繰り返し伝えるんですよ。

「日本一のお店」「日本一のサービス」「全国から見学に来るようなお店をつくりたい」「とりあえず見学行ってこいって言われるようなお店」と。

たまに開店前に行って、ミーティングにちょっと参加したりもします。このときは、あえて姑みたいにするんですよ(笑)

「あれ、なんかちょっと日本一っぽくない感じがするけど」「この辺って、日本一のお店だったらどういう風になってたらいいんだろうね」「日本一のお店のスタッフだったら、オーナーが来たとき、どう出迎えたらいいんだろうね」とか。

 

メッセージがわかりやすいですね。

スタッフのモットーも「笑顔、元気、可愛げ」といって、子犬みたいな接客スタイルなんですけど。

キャピキャピした子、笑顔が良くて元気があって可愛げがある子に、「日本一元気で、日本一笑顔で、日本一可愛げがあって日本一の子犬になれ」と言う。何回も言っていると。「よくわかんないけどそういうことなんだろうな」となる。

このサロンでは、セルライトっていう脂肪の塊を落とす施術をするんです。そういうサロンだから、「別にダイエットのことは勉強しなくていい。セルライトのことだけ自信満々で、後はお客さんに教えてもらうくらいでいい」というふうに接客スタイルも変えました。

その方がお互い楽しいじゃないですか。その代わり「セルライトのことは任せてください!セルライト潰し専門店ですから!」と。

それから外れたことは知らなくても、全然問題ない。「大丈夫だ、君たちは子犬になりきれば絶対かわいがってもらえる」なんて。

 

ただ、とにかく「信じて、一緒に頑張りましょう」というメッセージをお客さんに発信すること、これは徹底して伝えています。

お客さんは変わりたいと思って来てるわけじゃないですか。

プロポーションが素敵になって、来たい服を着て外に出るようになるとか、理想の彼氏ができるとか。人生が変わりますよね。

だから、そういう人に「一緒に頑張りましょう!」「私がついてます!」って、行動を起こさせてあげよう。

君らはセルライトを潰すのが仕事じゃないんだよ。人生を変える仕事なんだよ、と伝えていると、スタッフたちも少しずつやる気になってくる。

 

そうすると、みんなで考えてやるようになる。人の可能性ってわかんないんです。

大事なのは信じてあげることです。このことが、なんとなく確信になってきました。

特別なことはないんだと思います。難しいことはやってないんですよ。

「よくそんなに色々な事業を手がけますね」とか言われるんですけれども。エステとか、未だによくわかってないですからね。業界のこととか(笑)

そんなに難しいことをしなくても、意外とビジネスって変えていけるんだなあっていうのが、僕の感覚。

「すごいですねえ」って言われるけど、全然すごくない。他の人の方がもっとすごいことやってるし。