LINEで送る
Pocket

今回は、メルマガ・ステップメールASPの「オートビズ」を運営されているビズクリエイトの経営者、渡辺哲也氏にインタビューを行いました。インタビューは全5回でお送りいたします。

第1回の記事はこちらから、
第2回の記事はこちらから、
第3回の記事はこちらから、
お読みいただけます。

「メルマガは終わった」と言われ続けて

創業期から既に10年以上が経ち、スマホやチャットアプリが普及しました。その中で、オートビズを取り巻く環境に変化を感じますか?

基本は、あんまり変わってないですよ。新しいものが出てくるたびに、「メルマガは終わった」と言われまくってますけど、なかなか終わらないんですよね。

だって「これからはLINE@だ!」「Facebookだ!」ということを、メルマガの中で言っているんですから(笑)

 

確かにそうですね(笑)

SNSを使ったとしても、結局はリストを作ってメルマガに繋げるんですから。

もちろん、個人間のやり取りは、完全にLINEとかに置き換わってますよ。

でも、事業者とお客様の間、つまり商取引の部分は、まだまだメールが強いです。楽天やAmazonで何かを買えば、購入確認やリコメンドが絶対にメールで送られてきますからね。

 

SNSの台頭でより明確になったと思いますが、メールボックスというのは外に開かれていながら、とてもパーソナルな領域ですよね。

だから、ここに土足で入られてしまうと、すっごく拒否反応を示します。LINEやTwitter、Facebookとは、コミュニケーションの質が大きく違うんです。

一方で、このパーソナルな領域にスッと入り込み、ハートフルなメッセージが届くとコロっといってしまう。それはずっと変わってないんです。

 

「相手の心に踏み込むようなコミュニケーションが刺さる」という点は変わらないということですね。

特にステップメールは、作り込み方で差が出るコミュニケーションです。

とはいっても、「きちんとしたコンテンツがないとダメ」というわけではないんです。お客様のためを思ってやればいい。

一言でも二言でもいい。相手のためを思って作っているなら極論「最近どう?」でもいいんです。

 

そんなにフランクでも構わないんですか!?

勘違いされている方が多いんですけど、売り込みなんて本当にいらなくて、単純に「最近どう?ちゃんと使ってる?」みたいなのでいいと思うんです。「何かわからないことあったら連絡ちょうだいね」でも構いません。

そうすると「あぁ、気にかけてくれてるなあ。」「そういえば最近ちょっとこれ使ってないなあ。もっと使おうかな」と思ってくれる。

 

むしろ、ギュウギュウにメッセージを詰め込むと、ちょっと重くなってしまいます。

しばらくコンタクトをとっていないのに、たまに連絡が来たらズラーっと文章がかいてある。こうなると「ちょっと重いな」「なんだよ散々ほっといたくせに」ってなりますよね。

「どうせまた何か売りたいんだろ」というのが伝わっちゃう。

 

自分がお客さんの側に立って考えるということですね。

スマホやチャットアプリが普及したことで変化した面も多々ありますが、「コミュニケーションのスタンス」は全然変わっていない、と僕は思っています。単純にツールが増えたというだけであって。

ビジネスで一番有効なのはまだまだメールなんだな、というのが現状なんですよ。先のことはまだわかんないけど。

メールアドレスは資産

メールがよくて◯◯はダメ、ってことじゃないんです。

各ツールをよりシームレスに連携させる使い方が主流になるでしょうね。例えば、LINE@からメルマガに誘導するとか、そういう使い方をされている方がたくさんいらっしゃいます。

これは、各ツールの特徴を活かして連携している一例です。

LINE@とかSNSは「窓口」。出会いのきっかけではあるんですが、「相手が誰で、どんな人か」というのが明確にならず、繋がりがゆるい。

 

一方でメールは、1ユニークユーザー。メールアドレスを知っていれば、その方とはこれから先も繋がりを持ち続けることができます。

僕らはこのことを「プラットフォームに依存しない」と言っているんですけれども。

仮にLINEがだめになっちゃったら、LINEで築き上げた関係が終わってしまうんですよ。

LINEだって一企業ですから、何があるかわからない。Facebookも、Facebook自体がダメになっちゃったら終わりですよ。

何年か前にmixiが流行っていましたが、そのプラットフォーム自体が流行らなくなったら、だれにも届かなくなってしまいます。

 

プラットフォームでの繋がりには寿命がある、ということですね。

メールアドレスは、リストを取っておけば、仮にオートビズがつぶれても、送り先の方々との繋がりが途切れることはありません。メール配信のサービス・システムは他にもたくさんあるから、影響を受けない。

メールアドレスを集めることは、ビジネスにおいて資産を構築することだと考えています。その人たちとコミュニケーションをすることを通じて、資産価値を高めていく。

「お客さんとの繋がり」はかけがえのない資産で、それは簡単に手放してはいけないんです。

お客様と繋がりがあること、それ自体が資産になるのですね。

僕らも小さい会社で、「いかにビジネスを効率化するか」を考えてやっています。でも、すべてを自動化したいとは思ってないんですよ。

自動化できない部分というのは絶対にあります。そこに力を入れてもらうために、自動化できる部分はシステムをうまく使いましょうよ、ということなんですね。自動化できない部分というのは、個別のコミュニケーション、担当者間のつながりみたいなものです。

個別のコミュニケーションにきちんと取り組むために、ある程度定型化できるものは定型化・自動化すればいいじゃないですか。

自動化できる部分すら自分でやっていると、本来時間を割くべきところに時間を割けなくなってるんですよ。

 

なるべく僕らは、小さい事業者がネットの恩恵を受けられるようなものをつくりたい。そこからチャンスを広げてもらいたい。

もちろん大手の方にも使っていただきたいですけど(笑)

 

オートビズについて、周囲のユーザーからの声として「アフターケアが充実している」「サポートが嬉しい」という声をよく聞きます。

サポートに力を入ることも、「お客様のためになるってなんなんだろう?」にこだわってきた結果なんです。

 

お客様の方を向き続けていたら、絶対に間違いない。でも、みんなライバルの方を向いちゃう。

ライバルがこういう戦略をとっているから、うちもそれに追随しなきゃ、とかいってお客さんが置き去りになっちゃうんです。

それで「こんな機能つけました!どーん!」ってやっても、お客さんからしたら「別にそれいらないんだけど…」「そんなことよりもしてほしいことあるんだけど」となってしまいます。