LINEで送る
Pocket

前半に引き続き、共感文章コンサルタント・中尾ミカ様から、人の心を動かす文章の書き方について伺います。後半のテーマは、共感文章を書く上でのトレーニング方法です。

前半の記事はこちらから、お読みいただけます。


あなたのメールを読んでくれるのはどんな人?

 

中尾さんは、イベントやオンライン授業などのサービスを展開していくにあたって、メルマガを使っていらっしゃるとのこと。 メルマガを使い始めたきっかけは、なにかあったんですか?

会社から独立した当初、やり取りする相手のほとんどがマスコミの皆様でした。なので、自分から集客のためにメルマガを不特定多数に向けて出すというようなことはしていなかったんです。

共感文章コンサルタントの一環として、お客様のメルマガを添削したり代わりに執筆するというような形から入りました。少し珍しいケースかもしれません。

今ではBtoCで自分のサービスを展開していくにあたって、自分から発信するためにメルマガを使うようになったんですが、メルマガの「リスト」が1つの生命線なんだなっていうのをすごく感じています。

私は「顧客リスト」=「幸せにしたい人リスト」だと思っています。

 

素敵な表現ですね! 中尾さんは「幸せにしたい人リスト」をどうやって作り、育ててきたんでしょうか?

「メルマガ登録無料です」なんて言っても、ほとんど登録していただけないじゃないですか。メールフォルダを開けたら、メールがわんさか並んで、それもほとんどがメルマガで。食傷気味なんですよね、胸焼けしてるんですよ。

 

ぶっちゃけ、いきなり「メルマガを読もう!」なんて気にはならないですよね、誰も。

となると、なかなか登録者が集まらないってなった時には、SNSとか使うことになると思います。でもそれだと、誰が見てくださってるかわからない、という状態になりますよね。

自分の大切な個人情報を差し出してまでメルマガを読んでくださる方というのは、大変なハードルを越えて来てくださっている方。

最初から手当たり次第にメルマガを出しても読者は増えないというのは分かっていました。

だから、SNSで発信→ステップメール登録→メルマガを読んでもらうという導線を設計しました。

 

ステップメールに興味を持ってもらうためには

ステップメールに興味を持つ方は多いと思うのですが、「実際にどう作ればいいのか分からない」という悩みがありますよね。

はじめの一歩は、まずステップメールがどういうものかを理解をすることですね。

メルマガとステップメールの違いをよく聞かれるのですが。私はよく「メルマガ=単発ドラマ」「ステップメール=連続ドラマ」だと思ってくださいと、説明しています。

こんな経験はないですか? 最初、何となく見始めたドラマに徐々にはまって、最終回あたりでは主人公の役を演じていた俳優さんを、すっかり好きになっていた…なんてこと。
ステップメールも、これと同じ効果をもたらします。

つまり、複数回接触する間に、読む人を惹きつけ、ファンにさせてしまうくらいのパワーがあるということなんです。

 

とはいえ、読者を惹きつけるためには、内容を充実させることが必要です。
そのために次にやるのが、ステップメールの設計図づくり

 

【ステップメールの設計図をつくる手順】

  1. 『誰に、何を伝えるか』を決める
  2. ステップメール全体のテーマ(何を伝えるか)を決める
  3. 各メールのテーマを決める

ステップメールは複数のメールで構成されます。
全部通して読んだ際に、「おもしろいし、ためになった」と思ってもらえる内容になっていること。そして、各メール一通一通にも、「これを知ることができて良かった」という「お得感」がしっかりと入っていること。

この2つがとても大事です。

 

これもドラマに例えるなら、

「綾野剛主演のドラマ『コウノドリ』、いいドラマだよな~。今週の第5話も泣けたなあ。来週も楽しみだな」という感覚と似ていますね。

ステップメールの構成を『シナリオ』と表現しますが、正にドラマのシナリオをつくる気持ちで作成するといいと思います。

 

「全体」と「一通一通」、それぞれにきちんと役割を持たせる、ということですね

その通りです。

そして、書き終えたら終わり、ではありません。読者になってほしい方たちに出会うための「入り口」と、読んだ後に読者を導く「出口」を用意しておく必要があります。

いま読者さんと出会える最も広い間口としてSNSがありますよね。

まずは、SNSで出会った方にステップメールを通して興味を持っていただく。メールアドレスのリストができたら、メルマガに登録していただいたり、セミナーに招待したり、コンサルをさせていただいたりする。

どの形でも、必ず入口と出口の定まったビジネスモデルとして成立していないと、ステップメールは全く機能しないんですね。

私のところにもたまに、「ステップメールを途中まで作ったはいいが、自分はそこからどうすればいいのか」「作ったところでどうなるのかが分からなくなった」という方がご相談にいらっしゃることがあるんです。「なんてこと!」って感じ。

ステップメールを作ったら、まず間口を広げて発信をしていくのが大切です。そして、ステップメールを読んでもらった方をどの出口に導くか、もきちんと固めておく必要があります。出口が決まっていないと、そこで縁が切れてしまいますよね。

 

こういった書き手・読み手の関係性は、段階的に深まっていくものなんです。恋愛に例えてみましょう。SNSはいわゆる出会いの場。合コンとかですね。

ステップメールを通じて一度デートをする。デートの最後に、次回以降のオファーをする。そして、また会うかどうか?を判断して、次の関係性を考えるといった具合です。

だから解除は、ある意味必要なことなんですよね。合わないなと思った方が去っていくのはしょうがないことなんです。

大事なのは新陳代謝がきちんとあること。新しく入ってくる方が常にいて、入り口と出口が機能していることなんです。